組手什加工機の調整

組手什を多くの方に作って頂き、使って頂きたい。ということから手動の機械を製作しました。初の遠征デモに向かって準備中です。見て、さわって、買ってくださいな。

 

組手什には加工精度が大切です。それでも廉価に実現したいと思いました。加工位置を決めるストッパー部分にマイクロメーターを取り付けました。天板の裏側になりますが。

まず加工し、誤差を計ります。組手什のピッチは95mmなので、10個で950mmを計り、20個で、1900mmを計ります。実加工との誤差を1/10、または、1/20としてストッパーを調整します。0.1mm単位をダイヤルゲージで計りながらマイクロメーターを動かします。

写真は1m材です。11個の切り欠きをして、一番奥のNCで加工した物とぴったりと合いました。

 IMG_1199 (1280x960)

ダイヤルゲージを見ながら、裏側のマイクロメーターを回します。次回の改良版はもうすこしスマートにしたい。くたいを小さくもね。

IMG_1201 (1280x960)IMG_1203 (1280x960)

IMG_1194 IMG_1189 (1280x960)

 

これに治具をはめてマス目格子を作る。汎用性を高めたい。

IMG_1195 (1280x960) 

あすは、運搬のためにばらして梱包します。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

メールフォーム

問い合わせ、ご意見など

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR