組手什生産機の整備

組手什生産設備。これを売りたいので、実働デモに持って行きたいと、車に積み込んでみた。

何とかなって、してしまうところが逃げられない運命を感じる。

IMG_0966 IMG_0974

組手什生産機械の廉価版を作ったけれど、改造したいことがあって、取りかかった。

1,汎用性。組手什以外の生産にも使いたい。

2,微調整をしたい。組手什は精度が必要なので、0.1mm単位での移動がしたかった。

1号機なので、今後の目安になればと軽い気持ちで取りかかる。

まず解体。天板を外す。溶接を削ってめくろうとしたが、きれいに付けてあってなかなか外せない。写真は金鋸で挽いてるところ。

IMG_0979

IMG_0981

めくった板を凹凸に切る。サンエー技研さん、ありがとう。

 IMG_0988

微調整するために、X-ステージ と言うモノを付けた。つぎに天板が結構重いので、別途支えがいると、スライドレールを取り付ける。レールは動くけど、加工時には固定しなくてはならないと、さらに固定ネジを付ける。

IMG_0991

取り付けのためにベースを削る。弱くなっても12mmの天板が着くから大丈夫

IMG_1114 

電気溶接は、初めてなのだ。100V の安物をもらっていた。しかし相手がでかいので刃が立たない。しばらくすると溶接機本体から煙が出る。ということでプロ用を借りる。かなり手こずったがそこそこコツをつかんでここまで。とても良いできとは言えないけれど、丈夫には着いた。これだけに1日掛かりである。

IMG_1120 IMG_1121

パテを埋めて塗装。”驚きの白さ!”のCMのよう。

IMG_1122 (2)

可動部を取り付ける。ダイヤルゲージで微調整が可能。2台目では、スマートさが必要かと。

 IMG_1128

試運転も兼ねて、治具を作成し、升目格子を作ってみた。もちろん組手什も。

IMG_1129

ということで、50年暮らしてきて身についたことを活かす。出来ることを淡々とやっていきたいとねがうのみ。はたして、甲斐があるか否か。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

メールフォーム

問い合わせ、ご意見など

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR