スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルーツを探せ! 組手什のはじまりは?

先日、お仲間とお話ししてて、組手什を思いついたのは、,,,という話になって。

それは、2008年のこと。公園の遊具が解体されて廃棄されることになりました。

そのレッドシーダーの材を、同縁の寸法に製材し、等間隔に穴を開けて丸棒でつないでいました。それをみた三河弁のおじさんが、”もっと便利な方法があるだに。”と言いました。

 

R1024073 レッドシーダーの胴縁材と、

R1024107 細かく切ったコマ。穴を開けて、

 

R1024103 ボルトを通してつなぎました、

 R1024098

 

R1024093 こういういうスリット状の板を造って

 10898169_833696843340302_518778988125444809_nそれを縦、横に差し込んで棚を造りましたとさ。

これは良いアイデアだ、と一部の人は想いました。もう、8年も前のお話でした。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

メールフォーム

問い合わせ、ご意見など

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。